今回の記事では、フジテレビ系列のドラマ『コードブルー』の見逃してしまった最新話の動画を、違法なことをせずに公式に無料視聴する方法について詳しく解説していこうと思います。

既にこの方法を知っているという方もいるかもしれませんが、その場合は今回紹介するFOD(フジテレビオンデマンド)というサービスを利用して、動画視聴してくださいね!

ドラマ『コードブルー』の動画を安心して視聴するには?

たとえば、あなたがもし、現在放送中のドラマや映画を誤って見逃してしまい、再放送を見ようと思ったら、どんな方法で見ようとするでしょうか?

普通だったら、テレビに備え付けてあるHDDで録画予約をして、家に帰ってきてから再生する・・・というのが一般的だと思いますが、録画予約するのって意外と面倒ですし、録画すること自体を忘れてしまったりするので、そうなると困りますよね?

ネットで検索してみると、YouTube・Dailymotion・9tsu・miomio・PandoraTVなど、海外の怪しげな動画サイトに違法にアップロードされている無料動画が見つかったりしますが、そういった動画は再生ボタンを押した瞬間に変な広告が出てきたり、架空の料金を請求する画面が出てきたり、パソコンがウイルスに感染してしまったりするので非常に危険です。

しかもそういう動画って、違法なものですから、たとえ害が無いとしても見ていて良い気分がしませんよね?

そこでオススメなのが、「ドラマの公式サイトから提供されている動画配信サービスを利用する」という方法です。

違法にアップロードされた動画と違って、ドラマを放送している会社が公認して配信しているサービスですから、高画質の動画を安心して視聴することができますよ!

また、放送終了直後の最新ドラマや、映画を視聴できるサービスは色々あるんですが、その中でもドラマ『貴族探偵』の動画を見るには、フジテレビオンデマンド(FOD)がオススメです!

フジテレビオンデマンド(FOD)は、フジテレビが公式に運営している動画配信サービスで、放送終了直後のフジテレビ系列最新ドラマの動画はもちろん、人気の映画や海外ドラマ、バラエティ番組、さらには漫画なども破格の料金で視聴することが可能になります。

そして、最新映画などであれば、ビデオレンタル店で借りようとしても、レンタルが開始になるのは放映終了してから、かなり後になるので、一番見たい時には見られないってことがよくあるんですよね。

しかしそれが、フジテレビオンデマンドであればビデオ屋でレンタル開始になるよりも早く見ることができるので、できるだけ早く見たい人にはオススメですよ!

FODプレミアムが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」はこちら!」

フジテレビオンデマンド(FOD)のオススメポイント!

フジテレビオンデマンド(FOD)では、現在フジテレビ系列で放送されている最新ドラマやバラエティ番組の最新話が、放送終了直後から1週間限定で無料視聴が可能です。

なので、フジテレビ系列の最新ドラマや楽しみにしていたバラエティ番組の録画を忘れて見逃してしまった場合にも、自宅でじっくり高画質な動画を楽しむことができます。

FODプレミアムが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」はこちら!W269133Y コードブルー 再放送動画 1st 2nd 無料視聴フル見逃し配信

W269133Y コードブルー 再放送動画 1st 2nd 無料視聴フル見逃し配信

フジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組の動画を1ヶ月無料お試し期間でお得に楽しむ方法!

そしてなんと、フジテレビオンデマンド(FOD)の中でも一番お得な見放題コース・FODプレミアムを利用すれば、ポイントがかかってしまう最新ドラマや映画、バラエティ番組なども月額888円で好きなだけ見放題で視聴することが可能になります。

さらに、そのFODプレミアムでは、1ヶ月間の無料お試しキャンペーンがありますから、見逃してしまった最新ドラマやバラエティ番組をお得に動画視聴することができます。

なので、FODに興味のある方は、まずは1ヶ月間無料のお試しキャンペーンに申し込んでみるのがオススメですね。

一度試してみて、継続してFODプレミアムを利用し続けたいと思えば、フジテレビオンデマンドのFODプレミアムを利用するのが、断然お得ですよ!

FODプレミアムが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」はこちら!」

フジテレビオンデマンドでは、ドラマ『コードブルー』の他にもこんな作品が視聴可能です!

フジテレビオンデマンド(FOD)では、ドラマ『コードブルー』以外にも、

  • 「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」
  • 「犯罪症候群」
  • 「人は見た目が100パーセント」
  • 「カインとアベル」
  • 「キャリア~掟破りの警察署長~」
  • 「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」
  • 「Chef~三ツ星の給食~」
  • 「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」
  • 「実況される男」
  • 「グッドモーニング・コール」
  • 「好きな人がいること」
  • 「HOPE~期待ゼロの新入社員~」
  • 「ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」
  • 「営業部長・吉良奈津子」
  • 「朝が来る」
  • 「テラスハウス」
  • 「ラブソング」
  • 「恋仲」
  • 「昼顔」
  • 「ワンピース」
  • 「暗殺教室」
  • 「信長協奏曲」
  • 「海猿」シリーズ
  • 「ガリレオ」シリーズ

などの作品を筆頭に、多数の最新ドラマ・バラエティ・映画をお得に楽しむことができますので、興味のある方は公式サイトから一度チェックしてみてくださいね。

FODプレミアムが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」はこちら!」

ドラマ『コードブルー』のネタバレあらすじ

2009年12月24日。藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)は翔陽大学附属北部病院救急救命センターでフライトドクターを目指しながら、1年3ヶ月が経過しようとしていた。その日、救命センターにフライトドクター、橘啓輔(椎名桔平)が赴任してくる。しかし、フェローたちは挨拶する暇もない。藍沢はヘリで飛び、さらに三井環奈(りょう)は救急車で搬送中の2名の患者を受け入れた。ヘリの患者と最初の救急車の患者を藍沢たちが初療していると、見知らぬ医師が入ってきて的確な指示を出す。処置が一段落すると男は、藍沢たちの腕前を試すために来た橘だと名乗った。そこに、もう一台の救急車が到着。患者を見た藍沢は驚く。祖母の絹江(島かおり)だった。絹江は、急性肺炎のために入院が必要となった。藤川は、クリスマスを一緒に過ごそうと冴島はるか(比嘉愛未)を誘うがかわされる。冴島には難病と戦う恋人、田沢悟史(平山浩行)がいた。藤川にあきれる緋山は胸痛を覚える。緋山の状態に白石が気づく。だが、緋山は白石の忠告を受け入れない。悟史と会った冴島は、ある決意を知らされる。そんな時、ドクターヘリ要請が入った。オートバイの男性と自転車の主婦が衝突。藍沢は冴島、橘と現場に急行。容態の重い主婦をヘリで搬送することに。ヘリが飛びたとうとした時、藍沢が川面に何かを見つける。子供の靴だ。そう言えば、事故現場にも…。どうやら、主婦の子供が衝突で飛ばされたようだ。藍沢は子供を川から助け出すが、すでに心配停止状態。救急車で蘇生処置を施すが、子供の体温は戻らない。主婦を搬送したヘリは、タッチ&ゴーで引き返し、藍沢たちを乗せた救急車とのランデブーポイントへ。子供をヘリに乗せ換えて、翔北へ急ぐ。病院では、白石たちフェローが万全の準備をして子供を受け入れた。だが、子供の体温は戻らない。藍沢は、子供を開胸して直接温かいバスタブに入れて蘇生するという方法を選択。何とか心音を回復させることに成功。だが、子供の瞳孔は開いたまま。心肺停止が長すぎ、脳内に酸素が行き渡らなかった。緋山と白石は、母親に子供の状態を告げる。蘇生後脳症…つまり、植物状態になってしまったのだ。放心状態の藍沢に、橘が声をかける。橘は、藍沢たちの蘇生を止めなかったのだが、平然と結果は分かっていたと言う。さらに、子供の低体温からの蘇生は滅多に出来ないとまで…。藍沢は、この結末が子供とその家族にとって良かったのかと問うが、橘は首を横にふる。そして、医者は患者の人生まで引き受けたら頭がおかしくなると言って去った。その橘に、緋山も諦めたくないと食い下がる。すると橘は、救急医を続けたいなら、諦めたり割り切ったりすることも覚えろと答えた。イヴの夜。白石は冴島と2人で、子供のベッドを母親の隣へ運ぶ。次の日、緋山は橘に小児治療が充実した病院へ昨日の子供を搬送したいと申し出る。皮肉な言葉を吐かれながらも橘に許可され、緋山は子供をヘリ転送。その途中、子供の目が開いた。まだ、わずかな希望が残っていそうだ。藍沢と白石は、子供の母親にそれを伝える。その頃、冴島は悟史に会い、昨日の決意を質す。悟史は、延命措置を望まないことを告げるDNRにサインをしていたのだ。悟史は最期まで自分らしくありたく、残りの人生を冴島に会うために使いたいと言う。今日、生きていること、冴島に会えることが自分にとっての奇跡だと告げる悟史。冴島はいつまでも悟史を抱きしめた。藍沢は、絹江の様子を見に行く。病室を出て歩いていると、ある男とすれ違うのだが藍沢は気づかずに…。

FODプレミアムが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」はこちら!」

というわけで、今回は月9ドラマ『貴族探偵』の動画を無料視聴する方法を詳しくまとめておきました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。